ゴールキーパーのコーチングと体験者の声

コーチングが上手いゴールキーパーがいれば無駄な失点はなくなります

どのようにコーチングが行われるのか一瞬でも気を緩めた隙をつかれますコーチングが上手いゴールキーパーがいれば無駄な失点はなくなります

失点を防ぐためには常にコミュニケーションを取り、自分達にとって危険なスペースを減らすことができるかどうかというのが鍵になります。
組織的に守ることで大抵の攻撃は食い止めることができるのですが、サイドでは一対一の局面が多くなります。
この一対一で勝てるかどうかというのも重要なポイントです。
一対一の局面で負けてしまうと、違うところから一人マークにつかなければいけない状況になるので、こちらは数的不利になります。
この数的不利な状況を作り出されてしまうと、組織的に守備をしていても突破されてしまいます。
超一流と言われる選手は、一対一の局面を打破することができますし、場合によっては相手が二人でも三人でも一人で突破します。
相手にこのような特別な能力を持っている選手がいる時は、こちらも戦い方を変えていきます。
その選手だけを見続けるマンマークという戦術を使ったり、ファール覚悟で厳しくコンタクトすることもあります。
または自由に動けるスペースを消すためにゾーンディフェンスを採用することも多いです。
こちらも特別な選手がいれば、相手もそれなりの対応をしなくてはいけないので、やはり才能を持った選手というのは非常に大事だということがわかります。
しかし、誰もが才能を持っているわけではないです。
特別な才能がなくても、コーチングが上手いゴールキーパーがいれば無駄な失点はなくなります。