ゴールキーパーのコーチングと体験者の声

一瞬でも気を緩めた隙をつかれます

コーチング 体験者の声 : コーチングで自己実現!

サッカーにおいて相手との距離や間合いは非常に重要なものですが、ピッチにはゴールキーパーを除くと20人もいるので、自分ひとりの視野と感覚だけでは全ての選手を把握することはできないです。
そこで重要になるのがゴールキーパーによるコーチングです。
主に守備の時が多いですが、ゴールキーパーは味方の守備選手に対して声を出してより良いポジションを取るように指示を送ります。
守備の選手で一番大事なのは危険を察知して、相手よりも早くアクションを起こすことです。
このアクションが早ければ早いほどリスクを回避することができます。
相手が自分よりも身長が高かったり、足が速かったとしても、早くアクションを起こしていればチャンスを作られることはないです。
守備においてゴールキーパーによるコーチングは非常に重要なもので、日頃からこの連携を磨いておく必要があります。
私はセンターバックと呼ばれる守備の要になるポジションを担当していて、試合中ゴールキーパーと一番近い位置にいることが多いです。
センターバックは守備のラインを統率して、全体を押し上げる役割も担っているので、試合中は常に頭を使っています。
相手のレベルが上がっていくと、一瞬でも気を緩めた隙をつかれます。

どのようにコーチングが行われるのか一瞬でも気を緩めた隙をつかれますコーチングが上手いゴールキーパーがいれば無駄な失点はなくなります